熊本地震の家屋被害 益城町、旧耐震基準の全壊目立つ不動産の購入時に便利な情報が満載!不動産の「わからない」をウェストパークが解決します!

住宅購入ガイドをご紹介。不動産の購入時に便利な情報が満載!不動産の「気になる」をウェストパークが解決します!
ニュース

熊本地震の家屋被害 益城町、旧耐震基準の全壊目立つ

熊本地震による被災地で、家屋被害の状況が分かってきたようです。
最大震度7を観測した熊本県益城町では700棟以上が全壊で、
建築基準法で耐震基準が強化された1981年以前に建てられた古い家屋の被害が目立つとのことです。
住宅の耐震化率の向上は全国的な課題になっているようです。

この地域には古い家屋が多い。調査にあたった同町の杉浦信正都市計画課長は
「全壊した家屋には旧耐震基準のものが相当数含まれていた」と話すしており、
基礎部分がコンクリートではなく石に木の柱を立てた簡易な構造だったり、現行基準より重い屋根瓦が使われたりしていたようです。

同町では14日に震度7を観測して以降、16日未明の本震を含め大きな揺れに何度も見舞われており、
杉浦課長は「最初の地震で柱が土台の石からずれるなど構造にダメージが生じ、
その後に重い屋根が揺さぶられて倒壊したケースが多いのではないか」とみているようです。

2016-04-21 16:35ニュース

ニュース一覧へ
物件情報数と未公開情報ならウェストパーク
マドリームに紹介されました

お客様の声 お客様の声
スタッフ紹介 安全・安心なマイホーム購入
本社アクセス (ルート案内図はこちら)

大きな地図を見る

〒150-0046
東京都渋谷区松濤2丁目7番12号
松濤ハウス1F
TEL03-3468-1800
FAX03-3468-1815


市ヶ谷支店アクセス
(ルート案内図はこちら)

大きな地図を見る

〒150-0046
東京都新宿区市谷本村町2-11
外濠スカイビルディング201号
TEL03-5228-1800
FAX03-5228-1815