高層マンション 課税見直しへ  “上の階ほど高く”検討不動産の購入時に便利な情報が満載!不動産の「わからない」をウェストパークが解決します!

住宅購入ガイドをご紹介。不動産の購入時に便利な情報が満載!不動産の「気になる」をウェストパークが解決します!
ニュース

高層マンション 課税見直しへ  “上の階ほど高く”検討

マンションにかかる固定資産税は、土地の公示価格や建物の時価などを基にマンション全体の税額を計算したうえで、それぞれの部屋の床面積に応じて割りふり、所有者に課税する仕組みになっています。
マンションの部屋がどの階にあっても、床面積が同じならば税額は同じです。

しかし、高層階と低層階で販売価格が大きく違うタワーマンションが増える中、一律に同じ税額を課税するのは不公平ではないかという指摘が出ていました。
そこで政府は、来年度の税制改正で上の階ほど税額が高くなるよう制度の見直しを検討することになったそうです。

政府は、今後新築される高さが60メートルを超え、おおむね20階建て以上の高層マンションを主な対象とする方向で、来年度の税制改正に盛り込みたい考えとのことです。

2016-10-23 10:17住宅関係

ニュース一覧へ
物件情報数と未公開情報ならウェストパーク
マドリームに紹介されました

お客様の声 お客様の声
スタッフ紹介 安全・安心なマイホーム購入
本社アクセス (ルート案内図はこちら)

大きな地図を見る

〒150-0046
東京都渋谷区松濤2丁目7番12号
松濤ハウス1F
TEL03-3468-1800
FAX03-3468-1815


市ヶ谷支店アクセス
(ルート案内図はこちら)

大きな地図を見る

〒150-0046
東京都新宿区市谷本村町2-11
外濠スカイビルディング201号
TEL03-5228-1800
FAX03-5228-1815