EU離脱が不動産投資市場に与える影響は限定的不動産の購入時に便利な情報が満載!不動産の「わからない」をウェストパークが解決します!

住宅購入ガイドをご紹介。不動産の購入時に便利な情報が満載!不動産の「気になる」をウェストパークが解決します!
ニュース

EU離脱が不動産投資市場に与える影響は限定的

ラサール インベストメント マネージメント インク(本社:アメリカ)は21日、
主要30ヵ国における不動産投資の展望をまとめた「グローバルにおける不動産投資戦略2016」の中間レポートの中で、
グローバル不動産の展望について解説したそうです。

先進諸国では、国債利回りが低下する中、優良インカム不動産に対する投資需要が増加していると分析しているようです。
またイギリスのEU離脱が不動産市場に与える影響については限定的であると指摘し、
「ポンド安や投資家からの物件売却が一時的に増加することにより、投資機会は十分ある」と述べたとのことです。

先進諸国の『3つの低』(経済の低成長、低インフレ、低金利)は今後数年間継続する見込みで、
債券利回りが低水準にあることから不動産の相対利回りが上昇、投資資金が不動産市場に流入する可能性は高いと見ているそうです。

アジア太平洋地域については、比較的安定的な経済成長見通しが、地域内外の投資家の資本を引きつけると予測しているようです。
投資資本は安全性が高いと見られている日本とオーストラリアの不動産市場に向かう、との考えを明らかにし、
人口流入が転入を上回る大都市圏の都心部の賃貸住宅や生活必需品主体の商業施設などを、優れた投資機会として挙げているそうです。

2016-07-23 14:18経済情勢

ニュース一覧へ
物件情報数と未公開情報ならウェストパーク
本社アクセス (ルート案内図はこちら)

大きな地図を見る

〒150-0046
東京都渋谷区松濤2丁目7番12号
松濤ハウス1F
TEL03-3468-1800
FAX03-3468-1815


市ヶ谷支店アクセス
(ルート案内図はこちら)

大きな地図を見る

〒150-0046
東京都新宿区市谷本村町2-11
外濠スカイビルディング201号
TEL03-5228-1800
FAX03-5228-1815

スタッフ紹介 安全・安心なマイホーム購入
お客様の声 お客様の声